うちのバッチャ

うちのバッチャ

¥1,200 税込

送料についてはこちら

青森県の最強バッチャが繰り広げる、 愉快で楽しいお年寄り情報満載エッセイ集! これを読んだら即・元気!! 山田スイッチ 発行 山田スイッチ社 164ページ ¥1,200(送料込み) 中身はこちらでお読みいただけます。↓ http://www.yamadaswitch.com/battya-1/ 目次 第一章 うちのバッチャ、現る 運命の人 / 迷いのないバッチャ 生きてるものだもの、泣きもすべし、叫びもすべね 嫁が火事を出したら / 不動のジッチャ  第二章 バッチャを取り巻く人々 眼光の鋭い孫・ケンさん / ケンさんの考えた究極のエコ マツヤさん現る / 一瞬、ボケました バッチャの言う「恐ろしな!」/ カブ男、師匠誕生 / 溶かしマン現る 第二のひ孫誕生 その名は、マペ次郎 / サロン・ド・バサマ スティーブ・ジョブズの孫 / 不死身のヒグチさん 第三章 バッチャと津軽の四季 ホッケ50匹の大量レシピ / 自然農の畑 霊こと呼び出すんであればよ /男の行き先を止めるな バッチャの魔法の言葉 / フキの収穫  田んぼのハシゴ / アリジゴクとウスバカゲロウ パリのハンチャ / おばあちゃんだば、冬でいい /冬の仕事 第四章 バッチャと青森の風土 津軽の厳しい冬から、春 / アラーキーに会う ぼろぼろの嫁とBORO / 尾上のマザーテレサ ネズミが出た!/ バッチャの甘酒 バッチャと水族館 / 自然と隣り合わせの尾上町 ハエと蚊帳 / バッチャの日常 終章 バッチャとジッチャの回想録 あとがきに代えて こりゃまたせっ!